WIRED HOTELオープン直前の宿泊体験

3月23日・24日、WIRED HOTEL ASAKUSAのオープン前の試宿会に、編集部員の伊藤と徐の2名で参加させていただきました。スクリーンショット 2017-04-05 8.54.27

WIRED HOTEL ASAKUSAは、WIRED CAFEなどで知られるCAFE COMPANYが初のホテル事業として手がける劇場併設型のホテルです。つくばエクスプレス浅草駅から徒歩3分、都営浅草駅から徒歩10分のディープな下町に位置し、1階にカフェとダイニングバー、2階と3階の一部が劇場、3階から10階までは客室となっています。今回は、劇場に足を運ぶことが出来なかったため宿泊スペースのみのレポートです。

wiredhotel1

このホテルの特徴として、4階はドミトリータイプになっており、1人5,000円から宿泊できるのでリーズナブルを求める旅行者にぴったり。また、5階以上はホテルのようにプライベートの個室、最上階はワンフロア全てが1つの客室というスイートルーム仕様になっているというように、様々なお客様が集まる空間が広がっています。

スクリーンショット 2017-04-05 8.08.55

私たちが泊まったのは3階のファミリー向けのお部屋で、4台のベットとシャワートイレが完備された非常に使い勝手が良いお部屋でした。部屋やバスルームには様々なアメニティが数多く並び、サクサク繋がるWIFI完備、ベッド脇にはコンセント2口とUSBポート1口と至れり尽くせりです。とってもふかふかで柔らかいベッド(日本では初導入の高級ブランドのベッドだそうです)といった最高気分の空間で一夜を過ごせました。

wiredhotel3

このホテルのもう一つの特徴として、「サービス」と「こだわり抜かれた和食」があります。多国籍なスタッフが流暢な日本語で笑顔で丁寧に対応してくださり、おすすめの周辺スポットなどもたくさん教えてくださいました。

また、夕食と朝御膳には日本料理店で修行した料理長が腕をふるう舌・目・鼻どれでも楽しめる和食がたくさん並びました。地元浅草の産品や、抹茶など日本の食材を使ったメニューがいろいろあります。選ぶのに迷って時間がかかってしまいますので要注意です!(笑) 私は抹茶ミルクをいただきましたが、とても美味しかったです。

wiredhotel2

宿泊者以外もお食事ができるようなので、是非お食事処としても立ち寄ってみて下さい。

今回の宿泊体験で感じたことは、WIRED HOTEL ASAKUSAはおしゃれで快適、自分に合った空間を選ぶことができ、多様な人々が集うホテルと異文化交流ができるゲストハウスのそれぞれの良い部分を組み合わせた新しい感覚のコミュニティホテルでした。

今後は、グランドオープンに向けて、墨田区の伝統工芸品を展示したギャラリーや宿泊者向けツアー企画・カフェイベントなど新たな試みが行われるとのことで、ますます素敵なホテルへと変貌をとげていきそうでとても楽しみです。
何回も足を運びたくなる居心地のいい空間でした。
レポート:伊藤(編集部)

— ホテル情報 —

スクリーンショット 2017-04-05 8.14.02

WIRED HOTEL ASAKUSA
東京都台東区浅草2-16-2 浅草九倶楽部
TEL 03-5830-7931
info@wiredhotel.com

http://wiredhotel.com/ja/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加